フリースクール・ロビオキのコース

コース


ロビオキでの学習支援の目的は、「受験に成功すること」よりも大きなものです。
それは「未来に希望を持ち、やりたいことを見つけ、実現すること」を助けること。
勉強はなりたい自分になるための手段の一つにしか過ぎません。

ロビオキは学習指導は個別指導を基本としながらも、スクール全体で考えたり、遊んだり、課外活動もしていきます。

小学生が集まっている画像

小学生

小学生の学習支援におけるメインテーマは「好奇心の開発」「未来に向けた土壌作り」。

子供たちは遊びやゲーム、youtubeなどから自分の興味のあるものを見つけ出す名人です。ですが、大人はこれらを「勉強するのを阻害するもの」と否定しがちです。
ロビオキではそれらを否定するのではなく、「なぜそうなるのか」「こんなものもあるよ」と子供たちに伝えていくことで、遊びから知的好奇心へと繋げていく教育をしていきます。
それと同時に、高校受験や大学受験での困ることがないように、「漢字練習」「算数の計算」「英語の基本」の指導も行っていきます。

勉強している画像

中学生

中学生の学習支援は「授業補習」「定期テスト対策」「受験対策」の三本柱です。

・授業補習
五月雨登校の生徒の場合、久しぶりに学校に行っても授業の内容がわからなくて疎外感や劣等感を感じて、より一層学校に行きにくくなるといったパターンがあります。
このような負の連鎖を断ち切りため、学校の授業の進度に合わせた授業補習を行っております。

・定期テスト対策
ロビオキでは、定期テストに合わせた進度や深度で授業をしていきます。「学校に行けないから受けられない」「テスト日に学校に行けない」と思ってしまいがちですが、定期テストを受ける方法は1つではありません。たとえ学校に行けなくても大丈夫なんです!

・受験対策
新潟の高校受験では学力ももちろん大切ですが、内申点が非常に重要になってきます。
そのためにロビオキでは「定期テストを受けること」「提出物を出すこと」「出席日数」など受験に必要な内申書対策がとることが可能です。
学習塾や家庭教師、通信制講座などで学力対策をするだけでは新潟の高校受験では不十分であることを覚えておく必要があります。

本を調べている画像

高校生以上

高校生以上では、まずは「今の立ち位置の確認」と「目標の設定」が最重要になってきます。

高校を中退したのか、通信制高校に通っているのか。
大学に行きたいのか、専門学校に行きたいのか、まだ決まっていないのか。
これらの組み合わせによって学習内容が変わってきます。

[具体例]
・高校を中退したが大学進学を希望する場合
・通信制高校に週2で通っていて、国公立大学への現役合格を希望する場合
など

ロビオキは現役の大学受験の学習塾が開いたフリースクールですので、東大や国公立大医学部医学科という最難関大学から高卒認定試験までしっかり対応できます。
また今までの経験から、全日制ではないからこそ使える大学進学のテクニックも充実しています。