フリースクール・ロビオキの理念と特徴

理念と特徴


「子供たちと真っすぐに向き合い、一緒に前に進んでいく」

  • その為に必要なことを全てやるのがロビオキです。

ロビオキの特徴

フリースクール・ロビオキは家と学校の中間にあるような場所です。
家のように、自由で、遊べて、ホッとできる場所。
学校のように、友達と会い、勉強をし、将来を作る場所。

ロビオキがそんな場所であるための秘密をお教えします。

フリースクール・ロビオキの教室イメージ

いつでも行けて、いつでも学べる

ロビオキは「週〇回の授業」というのはありません。
これには2つの意味があります。

1つ目が「子供の特性に合わせるため」。

たとえば朝起きたとき、子供には「学校に行く」「フリースクールに行く」「休む」という選択肢があります。
このとき「〇時までに行かなきゃいけない」「何曜日だから行かなきゃいけない」という強制がある場合には、「間に合わないから休む」「今週は休んで来週行く」となることが多いはずです。
そのような「0か10か」といった選択をしなくてもいいように、ロビオキでは特定の登校時間や曜日を作らず、「今日は調子がよかったから早く来た」「今日はお昼から」「今週は5日もいけた」など子供の気持ちに合わせたスケジュールが可能です。

2つ目が「勉強の本質のため」。

「授業を受ける=勉強する」だと勘違いしてる人がいます。
これは明らかに間違いで、授業とは「新しい知識を手に入れる手段(の一つ)」でしかないのです。
勉強の本質は「わからなかったことがわかるようになること」であり、そのために授業を受けたり、問題集を解いたりするのです。
そのため、ロビオキでは「週〇回の授業」というのはそれほど意味をもたないと考え、振替授業というものも存在しません。その子にとって必要なら何回でも授業をすればいいのですから。

学習支援についての詳しい説明はこちら

フリースクール・ロビオキの本部屋

自由に休み、遊べるスペース

ロビオキは学習塾のように勉強するだけの場所ではありません。
心身が共に安らぎ、好奇心を育てることもまた重要だと考えています。

ロビオキには居間と本部屋があります。
居間にはYoutubeやインターネットが見れるテレビやゲームが、本部屋には約8000冊の漫画と小説があります。

休憩時間にテレビを観たり、漫画を読んだり、または持参したスマホやタブレットで遊ぶのも自由です。

ロビオキは「自宅以外の安らげる場所」を子供たちに提供します。

学校の教室

学校復帰した後もフォローし続ける

ロビオキは自分から学校に戻る決意をした子を応援・支援し続けます。

ロビオキは学習塾と一体化しているので、「学校に通うようになった=フリースクールを卒業」ではなく、学校に戻ったあとも大学進学まで学習支援を続けます。
また、フリースクールから学習塾に移行しても費用が増えたりすることはありません。

つまり、ロビオキに通うのは「学校+学習塾」に通うのとほぼ同じ状態になると言えます。

親子が手をつないでいる画像

保護者の方も一緒に

ロビオキでは保護者の方、特にお母さんが元気になってもらいたいと考えています。なぜなら、それが不登校問題の一番の解決になるとわかっているからです。

保護者支援についての詳しい説明はこちら